パンストの進化

パンストと言えば、私も学生時代から愛用しておりましたが、昔のパンストは、爪をひっかけたり、軽く引っ張っただけで電線してしまうというのがお約束で、急いでいる朝に破いてしまうと大変あわてたものです。
しかも、一度着用したものは伸びてしまって、膝のあたりに変なシワが寄ってしまうものもありました。
(私が粗悪品を使っていたのかもしれませんが)

しかし、最近のものは耐久性も強く、少しくらい強く引っ張ったとしても電線しないすぐれたものが多く販売されています。
そして、ストレッチ性が良いどころか、部位によって脚に加わる圧力を変えており、むくみを防止する機能を備えたものや、抗菌、消臭加工されているものも多く販売されています。

あまりにもパンストの耐久性が高く、何度か洗濯しても何の問題もなく使えるので、私自身パンスト購入の頻度は少なくなりました。
他の方も同様だとしたら、パンストの売上が落ちてくのではないか…と勝手にパンスト業界を心配していたのですが、最近は付加価値を付けることによって購入意欲を上げる…など業界の方はたいそう努力されていることだと思います。

パンスト

最近ファッション業界では、まるでタトゥをしているかのようなパンストが流行り出しているようです。
少し前までは首都圏あたりで流行っていたものが、最近になって地方のドラッグストアに並ぶようになってきました。

まだ、私自身勇気がなくて試したことはありませんが、シンプルな服装にちょっとしたアクセントを加えたい場合は良いかもしれません。
そして、パンストについて調べていくうちに、衝撃を受けてしまったのですが、なんと「男性用パンスト」というものも存在するらしいです。

興味本位から画像検索してみると、パンストを履いたままでもお手洗いは問題ないようです。
一体どんな人が使うのだろうと想像してみましたが、女装している男性くらいしか思い浮かびません。
女装している男性が個室以外で用を足すのはなんだか奇妙な光景ですね。

ただ、男性用ブラジャーもある世の中ですから、こういったものが発売されても何ら不思議はないのかもしれません。
今後もパンスト業界はいろいろな付加価値を付けたり、新たな需要を見つけたりして、販路を拡大していくのかもしれません。

次はどんな種類の、機能の、そしてどんな人向けのパンストが発売されるのか楽しみではありますが、いま一番気になるのは、どういう人がどういう目的で「男性用パンスト」を利用しているのか…ということです(笑)

そうそう、主人がとてもパンストフェチな方なんですけど、ネットでパンスト動画ばっかり見てるんです。パンスト動画天国というブログが好きみたいで、パンストフェチには堪らないそうなんですけど、男って本当にエロ動画が好きですよね。

女子パンスト競争

高校生になった時に、初めてパンストを穿きました。
学校の規則は厳しかったのですが、それは許されていました。
色は肌色のみと決まっていたのですが、選ぶのがとても楽しかったです。

お店には、それこそありとあらゆるパンストが陳列されていて、最初は何が何だかわかりませんでした。
しかし商品の傍に説明が書かれたボードがあり、それを見て自分の求める物を購入しました。
初めて穿く時には、ドキドキとして、少し戸惑いがありました。
大人の色気を感じたのです。

その年頃は、もう大人の女性と思いたい心と、まだ無邪気な子供でいたい心が交錯していて、初めて脚を通す時には鳥肌が立ってしまいました。
そして鏡の前に立ち、前からと、後姿は合わせ鏡でじっくりと自分の脚を見ました。
それは自分の脚ではないようで、これまで見て来た『大人の脚』でした。

恥ずかしさと嬉しさの気持ちを持ちながら、それを穿いて登校しました。
クラスメイトの大半が、高校生になって初めてパンストを穿いたと言っていました。
まだ穿きなれていないからか、上半身の肌の色とは掛け離れた色の物を穿いている人もいました。

やがてそのお洒落を競うようになり、珍しい肌色や、とても色白に見える物を穿く人が出て来ました。
私も負けまいと、わざわざ遠くのお店にまで珍しい物を買いに行ったりしました。
着ている物は主に制服とファッションが限られているからか、それに掛けるエネルギーは凄いものがありました。

高校生活三年間で、それに掛けた金額は、今穿いている物と比べればかなりの額になります。
親からは、よくそんなに高い物を穿けると言われたものです。
学校ではそういった女性ならではの競い合いが、今思えば楽しかったですし、その時にしか出来なかった貴重な体験だったと思います。

当時、校則では柄が入っていたりワンポイントは穿いてはいけませんでした。
穿いてはいけないと言われると、それがワンランク上の物に見えて、中には先生に見えないようにして穿いて来ているクラスメイトもいました。

それは足首の辺りにワンポイントが付いているもので、とても可愛く、私も穿きたいと思いました。
そしてプライベートで穿こうと、ピアノの発表会の時に履きました。

それは全体が白に近い肌色で、足首にダイヤモンドのような飾りと綺麗な刺繍が施された物でした。
とても小さいワンポイントなのですが、それを穿いてとても嬉しかった事を今でもよく覚えています。
脚のお洒落を楽しんだ、多感な年頃の楽しい思い出です。

 

おすすめWEBサイトのご紹介

二次会 景品
二次会、結婚式など、二次会を盛り上げるのは景品。

不眠症と枕の関係

枕には硬い・柔らかいなど、様々な感触があります。
それは素材で変わってきます。

代表的な枕の素材についてご紹介します。

・パイプ・ストロー

通気性がいいため、清潔感がありますし、長持ちしてくれます。
しかし、パイプやストローの感触が寝ている時に気になる場合があります。

・低反発ウレタン

その人の頭の形状に合わせて変形するため、しっかりフィットしてくれます。
寒い時期は硬くなってしまう点と、蒸れやすい点が難点です。

・羽根

通気性がよく、夏は涼しく冬は暖かく1年中快適です。
羽根が原料のため、ものによっては匂いが気になる場合があります。

・ポリエステル

人工で作った綿素材で、ふわふわしています。
使い続けると、ふわふわ感が減ってしまい、ボリューム感がなくなります。

・そばがら

重量があり硬めの素材です。通気性もよくなっています。
湿気に弱いため、虫がわくことがあり、アレルギー体質の人もいるので注意が必要です。

このように、素材だけでも色々な種類があり、その素材の中で硬いもの柔らかいものとわけられていきます。
自分に合った枕って一体どんなものがいいのか?

まだまだ自分にフィットしている枕と出会っている人は少ないと思います。
枕がフィットすると、眠りも快適になりますよ!

マインドガードDX買って飲んでみました!レビュー | 不眠症対策ガイド

男の子に人気のタイプ

小さな頃からおしゃれが大好きな女の子と比べると、ファッションに関してそんなにこだわりを持っていない男の子…
そんな男の子には小学校6年間使うランドセルは、ここ最近どのようなものが選ばれるのでしょうか?
一昔前までは、男の子のランドセルは黒、女の子のランドセルは赤が主流でした。

それが何年か前くらいから、ランドセルのカラーや形も豊富になり、入学祝いのランドセル選びもわくわくしますね。
ピンクやブルー、キャメルなどが人気が高いです。

しかし、女の子はかなり個性がでるほど、選ぶカラーもそれぞれですが、なぜか男の子がもつランドセルのカラーといえば、黒というイメージがぬけない方は少なくないと思います。

もちろん、男の子だからという理由で、絶対に黒が良いとはいえません。
先ほども申し上げたように、ファッションにこだわらない男の子の場合、選ぶことせず、昔からの男の子の定番カラーである黒いランドセルを持つ傾向にあります。

最近のランドセルはたくさんのカラーから選ぶことができるにも関わらず、男の子が一番好むカラーは黒だということは、いろいろなものに対してあまりファッション性を求めない男の子へのプレゼントとしてと最適でしょう。

もし、入学祝いとして男の子にランドセルを送ろうと思われている場合は、黒を嫌がる男の子はなかなかいないと思いますので、黒を選ばれるとまず間違いないでしょう。

しかしもちろん、タイプ的にそのような男の子ばかりではありません。
個性的なカラーを選ばれるお子さまもいらっしゃるでしょう。
黒以外を好む、おしゃれでファッションに対してこだわりを持つ男の子の場合、近年、発売されているたくさんのカラーの中でも、特に人気の高いものがあるようです。

黒は無難で根強い人気なのはもうお分かりいただいてると思いますが、その他に男の子に好まれているカラーは、ネイビーやマリンブルーなどが比較的ランクインされています。

男の子に人気が高いランドセルランキング2015

また、濃すぎず、薄すぎないようなブルー…ハーバーブルーや、キャメルなどは男の子、女の子問わず人気が高いカラーで、親御さんにもとても好まれています。

さらに、もっともっと個性を出したい…というお子さまはグリーン系のカラーを選んでもても、おしゃれで注目度があがるでしょう。
深いグリーンなどシックでかっこいいですよね。

入学のお祝いとしてサプライズで贈るのである場合は、男の子、女の子それぞれどのカラーが流行っているかを確認してみると良いでしょう。
しかし、サプライズも良いですが、そのお子さんが6年間使うものですので、好みのカラーを聞いてあげるのが一番良いかもしれませんね。

保険の加入・見直しに保険相談が便利

自分が実際に保険料を支払って保険に加入をするというのは、大抵の場合、学校を卒業して就職をした時に加入をする機会が訪れると思いますが、その時はあまり深く考えずになんとなく勧められるままに保険に加入してしまうものです。

それは自分に対してどのような保険が必要なのかというのがまだ具体的にわからないからだと思います。
しかし、実際に社会にでて働いていくうちにだんだんと自分のおかれている立場というのは変わってきます。

それは例えば「結婚」であったり「子育て」であったりします。
「結婚」をした時には、まず第一の加入している保険の見直しが必要な時期になると思います。
そして次は子供が生まれた後の「子育て」の時期です。

こうした自分の人生の節目に必要なのが保険の見直しです。
でもどのように見直したらよいかというのは、なかなか自分ではわからないものなので、そんな時に利用したいのが保険相談というものです。

無料生命保険相談|見直しも加入もプロが選び方をアドバイス

保険に関して精通をしているプロの方に自分がこの先どのような保険に加入していることが必要なのかというのをじっくりとこの保険相談によって教えてもらう必要があるのです。

そしてこれは結婚をした既婚者だけに言える事ではありません。
未婚の人も、歳を重ねていくうちに必要な保険の内容というのは変わってくるものなので、数年に一度くらいの割合で、保険相談を受けて、今自分に必要な保険に切り替えるという事も必要なのです。

現在の自分に必要な保険に加入して、安心できる生活を送っていきたいものです。